基本動詞 put を完璧に身につけよう

スポンサーリンク

基本動詞 put を完璧に身につけよう

「put=置く」という意味だけでは不完全です。
実は「なにかをどこかへ位置させる」ととらえていた方が完璧です。

用例を見ていきましょう。

Let’s put the dog out.「犬を外へ出そう」

この文を見ても「置く」という観念ではputが出てきません。
「犬を外へ位置させよう」ということです。

しかし「位置させる」という意味では place という動詞もあります。
両者の違いは、 place は「位置させる場所」に注目されますが
put の場合は「元の場所から動かす」という「移動」が前提として意味されます。

簡単に言えば「なにかをどこかへ位置させる」ということで
「どこかに(移動先)」関する情報が必ず必要です。

あなたがコンビニへ行って、「ハンカチを置いていますか?」と聞くのに
Are you putting handkerchief? とは言いません。

Do you have handkerchief? と聞くはずです。

「店の中に財布を置いてきた」という場合も put は使わず
I left my wallet in the shop. と言うはずです。

店の中に財布を置いてきたというのは場所に関する情報ですが
それは物の移動に関する情報ではありません。

I left my wallet in the shop.
I put my wallet in the shop. と言えば「財布を店の中に入れた」という意味合いになります。

Hold your hands above your head.
警察官や強盗がよく言う台詞「両手を上に上げろ」ですが、これは
hold ですから「移動」ではなく手を上げたままでいろ、というニュアンスです。

Put your hands above your head.だと
「両手を頭の上に上げろ(移動させろ)」という意味になります。

なお、「なにかをどこかへ位置させる」の「どこかへ」は物理的な意味だけではなく、心理的な意味での「どこか(状態)」であることもあります。

That would put her into shock.
そのことで彼女、ショックを受けるよ。

I put Dazai among my favorite authors.
私は太宰がお気に入りの作家の一人だ。

さらにputには「述べる」という意味合いがあります。

Well, let me put it this way.
では、別の言い方をしましょう。

これは this way が「移動先」です。
this way が「別の言い方」です。

広告

put の句動詞

その1

put on
「何かを、onの状態(接触した状態)に位置させる」というイメージ

衣類だと、体に接するようにputすれば、「着る、かぶる、はく」といった意味合いになります。
put on a T-shirts.(Tシャツを着る)
put on a a pair of pants.(ズボンをはく)
put on one’s tie.(ネクタイを締める)
など、身につける物は全てput on で表現します。

また「化粧する」という表現でも使います。

She puts on a lot of make-up.(彼女は厚化粧する)
She puts on mascara.(彼女はマスカラをつける)
She puts on false eyelashes.(彼女は付け睫毛をつける)
She puts on lipstick.(彼女は口紅を塗る)
等々、化粧は put on で表現します。

他には、「装う、ふりをする」雰囲気や態度を身にまとう意味でも使われます。

Wayne puts on a sophisticated attitude when he’s around rich people.
「ウエインはお金持ちと一緒だと上品ぶる」

put on を使う状況は「何かを身につける」以外でも様々あります。

Minami put on a bit of weight.(ミナミは少し太った)

肉を身につけた、と言う意味ですね。

電気器具やブレーキなどを put on するといえば(作動する状態)にする、という意味合いです。

put on a CD.(CDを(再生機に)かける)
apply put on the brakes.(ブレーキをかける)

また put on には「(人を)からかう」という意味で使う慣用的な用法もあります。
Are you putting me on?
(私をからかっているの)

なお、「何かを身につけるは」 put on ですが、「身につけた物を取る」という場合は、take off を使います。

put on の反対だから put off で良さそうですが、衣類を脱ぐという動作は「何かを手にして体から離した状態にする」ことから take off になります。

put off だと「何かを分離した状態に位置させる」ということで、手にして取るのではなく、「offの状態に位置させる」ということが焦点ですから、衣類を脱ぐということにフィットしません。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。