NHKがネット受信料を取ろうとしている

スポンサーリンク

NHKがテレビを持たずに受信料契約をしていない世帯を対象に、ネット受信料を取ろうと考えているらしい。

これは2019年から始まる、NHK放送をネットでも見ることが出来る同時配信に備えて、その放送を受信できるアプリをダウンロードした人に毎月地上波の代金と同額を徴収する予定だとか・・・

自分は若い頃は、NHK受信料など絶対に払わない、という強い信念を持っていて、ドアを開けてNHKの契約を勧める営業マンがいると、強引にドアを閉めて一切会話をしなかったもんです。

だけど、自分も年を重ねて、ドア付近でごちゃごちゃ言うのも面倒になり、世間体もあるので今は普通に支払っていますが、そういう経験からNHK受信料を支払いたくない気持ちは良く理解出来ます。

自分が今思うことは、NHKの狙いが「全世帯から受信料徴収」にあるのなら、それは税金にして全世帯から徴収した方が、いろいろ揉めなくて良いと思います。

支払いたくない、という人のほとんどの思いが「NHKなんて見ない」から支払いたくない、というモノですから、その気持ちを覆してまで支払わせるというのは税金しかない。

災害等でNHKの役割は重要だし、税金でNHKを賄うとなると変なことも出来なくなる。

だからNHKの受信料は税金で賄う、という方向に、誰か運動してくれないかな・・

Sapporo TV Tower 札幌 テレビ塔

さてラジオ英会話は昨日の続きです。

Japan team aims to put rover on moon

 A Japanese team of space businesses and engineers is aiming to put its lunar rover on board an Indian spacecraft set to be launched in 2017.

 Team HAKUTO, which has about 100 members, completed a prototype of Japan’s first lunar rover in August, 2016. It’s about 60 centimeters long and weighs 4 kilograms. It’s been tested on sand dunes and rugged terrain in Japan.

 The team reportedly signed a contract with an Indian team that is planning to launch its transporter in December, 2017.

 Team Leader Takeshi Hakamada says he’s excited now that they have secured a way to send the rover to the moon.
(2016/12/10)

日本チーム、探査車を月面へ

宇宙開発企業と宇宙工学技術者からなる日本のチームがその月面車、2017年に打ち上げ予定のインドの宇宙船に乗せることを目指しています。

100名ほどのメンバーが参加するチームHAKUTOは、2016年8月に、日本初の月面車の試作型を完成させています。その長さは約60センチ、重さは4キロで、日本の砂丘や険しい地形でテストされています。

同チームは、2017年12月に輸送装置を打ち上げる予定のインドチームと契約を結んだと伝えられています。

チームリーダーの袴田武史さんは、月面車を月に送る方法を確保したことに興奮を隠せないと語っています。

広告

Words & Expressions

 

○ be aiming to … …することを目指す

○ lunar rover 月面(探査)車

○ on board … …に乗せて・乗って

○ spacecraft 宇宙船

○ prototype 試作型

○ sand dune 砂丘

○ rugged terrain 起伏の激しい地形

○ sign a contract with … …と契約を結ぶ

○ transporter 輸送装置

○ secure a way to … …する方法を確保する

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。