ノースショアにて On the North Shore

スポンサーリンク

翌日、シャーリー(S)はカウェラベイを勧めますが、ハーヴィー(H)はそれを聞かずノースショアへ。ところがハーヴィーは波に乗れず、ライフガード(LG)がサーフボードを漕いでやってきます。英文の赤字は重要表現。青字は Say It! です。

S: Harvey!

LG: You okay, bruddah? You got clobbered!

H: I wasn’t expecting such big waves.

LG: Get on my board. I’ll take you back to shore.

S: Harvey! Are you hurt?

LG: He’s fine. He’s one tough guy!

H: This is no place for me to surf.

LG: (Laughing) You learned the hard way. You’re better off surfing at Kawela Bay.

S: Harvey, I told you so!

Wave 波

ノースショアにて

S:ハーヴィー!

LG:大丈夫かい、ブラだー? めっちゃ打たれたね!

H:あんな大きな波は予想していませんでした。

LG:僕の板に乗って。 ショアまで連れて行くから。

S:ハーヴィー! 怪我は?

LG:大丈夫ですよ。 彼は実にタフな男です!

H:ここは僕がサーフィンする場所ではないな。

LG:(笑いながら)いい勉強でしたね。 カウェラベイでサーフィンする方が楽ですよ、。

S:ハーヴィー、だから私が言ったでしょう!

Words & Expressions

○ You okay, bruddah? 大丈夫かい、ブラダー?[bruddahはbrotherのハワイ風発音]

○ get clobbered (波に)めちゃ打たれる

○ board 板、ボード[surfboardの略]

○ back to shore (沖から)ショアまで戻って

○ Are you hurt? 怪我をした・しているのですか?

○ one … guy 実に…な男

○ This is no place for me to …. ここは私のような者が…するところではありません。

○ learn the hard way いい勉強をさせられる、身にしみて分かる

○ You’re better off …ing. あなたは…をするほうが楽・いい・得です。

○ Kawela Bay カウェラベイ[ノースショアより波の強くないリゾートビーチ]

○ I told you so! だから私が言ったでしょう!

広告

Apply It! (本日の重要表現)

Are you hurt?

事故を目にし「怪我していますか?」という意味合いで尋ねます。

ちなみに Did you get hurt? は、過去に起きた事故の会話の中で「その時の怪我は?」という気持ちで質問します。

 

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

★: 怪我は?
★: Are you hurt?

☆: いや大丈夫でs。
☆: No. I’m fine.

★: 何があったのですか?
★: What happened?

☆: バナナの皮で滑ってしまった。
☆: I slipped on a banana peel.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。