不思議な電話

スポンサーリンク

今日から、ラジオ英会話の学習の書き込みはそれオンリーにして、いろいろ書きたいことは日記として書いていきたいと思っています。

電話

自分はある会社に勤務していて、主に総務関係の責任者でもあるのですが、昨日変な電話を受けました。

事務員さんから「ちょっと代わってもらえませんか?退職者の退職金のことで電話です。」というので、電話に出ると

「○○と言います。ちょっと聞きたいんやけんど、お宅を先月退職したAさんから聞いたんやけど、彼は退職金をもらったらしいやけんど、うちが家が火事になって困ってるんで退職金をもらえませんやろうか?」

自分は意味がわからず「はあ? どこが火事になったのですか?」と尋ねると
「わしんとこが火事になったんや。ほんでAになんとかならんやろうか、と聞いたらあれは退職金もうとるし、わしはもうてないし・・」

なんか余計に訳がわからず「あのう・・お宅の家の家事と退職金がどう関係あるのですか?」と再度尋ねました。

「わしな、○○というんやけどな、辞めるとき退職金をもうてないんや。ほんでもらえないやろうかと思って・・」

広告

これから長い話が続くのですが、要約すると
この人は22~23年ほど前に会社を辞めたが、実は退職金をもらっていない。
だけど先月辞めたAは退職金をもらってる。
わしは家も火事になったし困ってるから、自分も退職金をもらえないかな?

ということを尋ねている電話でした。

そこで、もう20年以上前のことは記録もないし、申し訳ないが退職金はお支払いできません。
とピシャリとはねつけたら、「そうですか、わかりました」

とあっさり引き下がりました。この引き下がり方は拍子抜けしまたが・・

なんか変な電話が掛かった、と事務員さん達に今の電話の内容を説明していると

「○○さんなら確かにいてはった。実際に20数年前に家が火事になって、みんなでカンパしてお見舞いしたし、その後辞めるときに退職金ももらっているはずですよ。」だって

え~~っ? と自分は驚いて、そして大笑いしてしまいました。

家が火事って、20年も前のことだったんだ・・・・?????

これって何だと思いますか?

初めに退職した人の退職金の金額を知りたいのかな、と思いながら聞いていたので、そんなことは教えられないしと身構えて電話を受けたので本当に拍子抜けしました。

最後は落語のオチみたいな終わり方ですが、本音はややこしいけど笑える話で良かった、というところです。ちゃんちゃん

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。