単なる誤解 Just a Misunderstanding

スポンサーリンク

今週のテーマは、Finding a Solution 解決策を見つける、です。
今週は過去2週間の問題を、解決するストーリーです。

10月の同じ曜日の水曜日のストーリーを引き継いでいます。

10月4日(水)のストーリー

10月11日(水)のストーリー

 

Just a Misunderstanding

R: We need to talk.

B: Okay.

R: Did I do something to offend you?

B: Now that you mention it, whenever I called, you always seemed too busy to talk to me.

R: That’s interesting because I’ve felt the same way about you, Brad.

B: Really? I didn’t mean to give that impression, Rhonda.

R: Oh, I’m so relieved! Can you help me move tomorrow?

B: I thought you’d never ask!

広告

単なる誤解

R:私たち。話し合いが必要だわ。

B:いいよ。

R:私、あなたに嫌な思いをさせることしたかしら?

B:そう言われてみると、君は、ぼくが電話をしたときはいつも、忙しくて話が出来ないという感じだった。

R:それは面白いわ、だって私も同じように感じてきたのよ、ブラッド。

B:本当に? そういう印象を与えるつもりはなかったんだよ、ロンダ。

R:ああ、大いに安心したわ! 明日引っ越しを手伝ってくれない?

B:絶対頼んでくれないものと思っていたよ!

 

Words & Expressions

○ We need to talk. 私たちには話し合いが必要です。二人で話しましょう。

○ do something to offend … …に嫌な思いをさせることをする

○ now that you mention it そう言われてみると[定型表現]

○ whenever I called 私が電話したときはいつも

○ seem too busy to talk to me 忙しくて話ができないという感じである

○ I’ve felt the same way about …. 私も…について同じように感じてきました。

○ I didn’t mean to …. …するつもりはありませんでした。

○ give that impression そういう印象を与える

○ I’m so relieved! 大いに安心しました!

○ I thought you’d never ask! 絶対頼んでくれないものと思っていました!

 

Apply It! (本日の重要表現)

I didn’t mean to give that impression.

そういう印象を与えるつもりはありませんでした。

弁解の表現 
I don’t mean to…(・・・するつもりはなかった)のパターンに、give that impression (to you)(誤解の元になった印象を[あなたに]与える)を続けています。

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

あなたが金太郎で、熊のことで・・・

★: 熊が最近よそよそしいのだ。
★: The bear has been acting distant lately.

☆: 彼はあなたが彼のことを忘れてしまったと思っています。
☆: He thinks you’ve forgotten about him.

★: ああ、そうなの?そういう印象を与えるつもりはなかったのだ。
★: Oh, really? I didn’t mean to give that impression.

☆: 相撲をとってあげて、金太郎。
☆: Go do sumo with him, Kintaro.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。