ラジオ英会話2018

ラジオ英会話 Lesson 218 感嘆文

投稿日:

Lesson 218 感嘆文

レッスンのポイント

今回は「感嘆文」。基本配置を崩し前置することに「感嘆」が宿ります。

Today's dialog

デビットがフィルム式のカメラを持っているのを見て、テイラーが話しかけます。

Taylor: What a nice camera you have! Is that a film camera?

David: Yes, I got it from my father, who got it from his father.

Taylor: So it must be very old.

David: It’s over 50 years old, but it still takes great pictures, and it’s a lot of fun to use.

Taylor: What kind of pictures do you take?

David: Have you heard of street photography?

Taylor: No. What’s that?

David: It’s taking pictures of people and things you see on the street.

Taylor: Oh, so I guess you have to be careful since some people don’t like to have their pictures taken without permission.

David: That’s right.

英訳練習

本日のテキストを英訳してみましょう。文章をクリックすると英文例が表示されます。

WORDS & PHRASES

street photography  ストリートフォト、街の風景写真
permission  許可

For Deeper Understanding ~より深い理解へ~

some people は漠然とそうした人々がいることを示しています。have 以降は「have + 目的語 + 過去分詞」の目的語説明型。彼らの写真が撮られるという状況を have するということ。

REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION~会話に役立つ文法~

大きな感嘆のキモチを伝える「感嘆文」と呼ばれる形です。「What+名詞+主語+動詞!」の語順となっていることに注意しましょう。この形は本質的に「前置」の形。基本語順を崩し感動の焦点である a nice camera を前に置くことによって感嘆を表しています。what を使わなくても前置だけで感嘆の意味を伝えることも可能です。

A nice camera you've got there!
いいカメラ持ってるねえ!

キーセンテンスは「名詞」に感嘆する what が使われていますが、「美しい」など形容詞に感嘆する場合、あるいは「楽々と」など副詞に感嘆する場合には、「程度」を示す how を用います。

GRAMMAR IN ACTION  ~文法の実践~

感嘆文で「感嘆」の気持ちを表しましょう。

感動の焦点が名詞 a performance(演技)。「What +名詞+主語+動詞!」の語順です。

感動の焦点が形容詞 unbelievable(信じ難い)。「How +形容詞+主語+動詞!」の語順です。

感動の焦点が副詞 perfectly(完璧に)。「How +副詞+主語+動詞!」の語順です。deserve は覚える価値のある動詞。「~の価値がある・~にふさわしい・~するのも当然だ」ということです。

CHECK THE POINT  ~練習問題~ 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

-ラジオ英会話2018
-, , , ,

Copyright© NHKラジオで学ぶ英会話 Get The Dream , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.