「 津軽三味線、撥、犬の皮、棹、胴、綾杉 」 一覧

津軽三味線の調弦方法

調弦 津軽三味線の調弦は三種類あって、唄い手の声の高さに合わせて一の糸の調弦を変えるのが特徴です。 二上りの調弦方法 一の糸を基準に、二の糸を5度上、三の糸を8度上に取り、相対音で「ド・ソ・ド」となる ...

津軽三味線の特徴 糸巻き 皮 撥 糸

糸巻き 糸を巻き取る棒状の部分(ギターで言うところのペグ)を、「糸巻き」または「かんざし」と呼びます。 材質は象牙または黒檀、紅木などを用いるが、最近ではプラスチックやアクリル製半透明のものやカラフル ...

津軽三味線の特徴 棹と銅

津軽三味線本体の寸法は義太夫の三味線とほぼ同じです。 棹材には稽古用として花梨(かりん)、舞台用で高級なものになると紅木(こうぎ)を用います。 後者の方が材質が固い為音質が良く、棹の摩耗(勘減り)があ ...

Copyright© NHKラジオで学ぶ英会話 Get The Dream , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.