More Car Trouble」タグアーカイブ

さらなる車の故障,More Car Trouble

スポンサーリンク

数日後、ジョージ(G)はヘイゼル(H)から電話を受け、彼女の車のことでアドバイスを求められます。

More Car Trouble

H: Hi, George. Is this a good time to talk?

G: Sure. What’s up?

H: I hate to bother you again. My car is acting up. The engine is making a squealing sound.

G: That doesn’t sound good. You’d better not drive it anywhere. Where are you?

H: I’m over on Market Street in front of the library.

G: Stay right there. I’m on my way.

広告

さらなる車の故障

H:ハイ、ジョージ。 今、話してもいいですか?

G:もちろん。 どうしたんです?

H:また面倒をおかけしたくないのですが。 車の調子が悪くて。 エンジンがキーッという音を立てているんです。

G:それはよくないですね。 その車は運転しないほうがいい。 今どこにいますか?

H:マーケットストリートの図書館の前です。

G:そこにいてください。 これから向かいます。

Words & Expressions

○ Is this a good time to talk? 今、話しても大丈夫ですか?

○ What’s up? どうしたんですか?[フレンドリー。目上の人には避ける]

○ I hate to bother you again. また面倒をおかけしたくないのですが。

○ … is acting up. …の調子が悪い、…が悪さを始める。[IDIOM。ものや症状について]

○ make a squealing sound キーッという音を立てる

○ That doesn’t sound good. それ(話の内容)はよくないですね。

○ You’d better not …. …しないほうがいいです。[危険などを心配した強い口調のパターン]

○ Stay right there. そこにいてください。[相手の利益になることを前提にした命令形の使用]

○ I’m on my way. すぐに行きます。今向かっています。[2通りの意味がある]

Apply It! (本日の重要表現)

Is this a good time to talk?

今、話しても大丈夫ですか?

許可を求める表現。
電話ではもちろん、職場などで仕事中の人に話がある場合にも大変よく使われます。
Is this a good time? と略すこともあり、相手からUh, this is not a good time.と断られることもあります。

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

☆: やあ、どうも。
☆: Hi, there.

★: やあ。今、話しても大丈夫ですか?
★: Hi. Is this a good time to talk?

☆: もちろん。
☆: Sure.

★: アドバイスが欲しいのですが。
★: I need your advice.

Say it (ダイアログの一部を使い、発音、リズム、イントネーション、リダクション(弱化)などをチェックし、声に出して練習する。)

文末に置かれた副詞を粗末にしない

My car is acting up.

車の調子が悪いんです。

act upの副詞upがあり、副詞は内容語なので音高を上げ、中間の高さで終わります。
actingより低い音高にしないようにしましょう。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告