日別アーカイブ: 2018年1月9日

美しいベラ,Beautiful Bella

2頭の犬、マックス(M)とルーシー(L)は、同じ飼い主が飼っている猫のベラについて話をしています。

Beautiful Bella

M: Bella has been grooming herself all afternoon!

L: You have to admit she has a beautiful coat.

M: But she’s so vain!

L: Cats are programmed to groom themselves often. Fur maintenance is very important for them.

M: Hmph!

L: Well, Max, you’re overdue for a bath if you don’t mind my saying so.

M: What are you talking about, Lucy?

L: I’m going to go hang out with Bella.

広告

美しいベラ

M:ベラは午後ずっと自分の毛づくろいをしている!

L:彼女が美しい毛並みを持っていることは、認めなければね。

M:でも彼女は自信過剰だよ!

L:猫はしょっちゅう毛づくろいするようにプログラムされているのよ。 毛のメンテナンスは彼らにとってとても重要なんだから。

M:ふん!

L:ええと、マックス、言わせてもらえれば、入浴が延び延びになっているわよ。

M:君は何を言ってるんだ、ルーシー?

L:ベラと一緒に遊びに行くつもりなの。

Words & Expressions

○ groom oneself (動物が)毛づくろいをする

○ You have to admit …. あなたは…ということは認めなければなりませんよ。

○ coat 毛並み

○ vain 虚栄心の強い、自信過剰な

○ be programmed to … …するようにプログラム・セットされている

○ fur maintenance 毛並みのメンテナンス

○ Hmph! ふん! まったく![すねた気持ちや憤りを表す]

○ be overdue for … …についてそれをしていいころである

○ if you don’t mind my saying so 悪くとらないでほしいのですが、ひとこと言わせてもらえば

○ hang out with … …と一緒に遊ぶ[若者がよく使う]

Apply It! (本日の重要表現)

Cats are programmed to groom themselves often.

猫はしょっちゅう毛づくろいするようにプログラムされています。

情報を伝える表現 
be programmed to …(・・・するようにプログラムされている)は、機器やシステムの他に、生き物の習性に関しても使うことが出来ます。

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

☆: あの鳥たちは毎日ここへ餌を食べに来ます。
☆: Those birds come here to eat every day.

★: いいですね。
★: Nice.

☆: でも僕には絶対近づきません。
☆: But they never get close to me..

★: 哺乳動物からは距離を取るようにプログラムされている鳥もいますよ。
★: Some birds are programmed to stay away from mammals.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村