「津軽三味線」 一覧

上妻宏光  津軽じょんがら節(youtube動画)

上妻宏光  津軽じょんがら節 彼のじょんから節はとても繊細で、奥行きがあって好きな演奏です。 確か、彼は金木大会で史上最年少で優勝しているんですね。今で言えば天才少年と騒がれて大変なんでしょうけど、実 ...

津軽三味線の全国大会

津軽三味線の全国大会は下記のようにたくさんあります。 各大会はリンクしていますので、クリックすると大会概要を見ることが出来ます。 4月 津軽三味線コンクール全国大会(東京都) 5月 津軽三味線世界大会 ...

津軽三味線の流派の系統(叩き三味線と弾き三味線)

津軽三味線の演奏法としては、豪快に叩くように弾く叩き三味線と、高橋竹山の流れを汲む繊細な弾き三味線とに大分されます。 今我々が目にするほとんどの津軽三味線は、昔からの流れを継ぐ白川軍八郎、木田林松栄 ...

津軽三味線の流派に関して

津軽三味線における家元制度の名取芸名制は、1960年(昭和35年)に初代小山貢(現:小山貢翁)が導入したとも、1970年(昭和45年)に木田林松栄が導入したとも言われますが定かではないようです。 現在 ...

津軽三味線の演奏楽曲 津軽三ツ物 津軽五大民謡

演奏楽曲は、主として津軽三大民謡(津軽三ツ物)、および五大民謡(五ツ物)。 三大民謡とは、「津軽じょんから節」「津軽よされ節」「津軽小原節」を指し、五大民謡とはこれに「津軽あいや節」「津軽三下がり」を ...

津軽三味線の調弦方法

調弦 津軽三味線の調弦は三種類あって、唄い手の声の高さに合わせて一の糸の調弦を変えるのが特徴です。 二上りの調弦方法 一の糸を基準に、二の糸を5度上、三の糸を8度上に取り、相対音で「ド・ソ・ド」となる ...

津軽三味線の特徴 糸巻き 皮 撥 糸

糸巻き 糸を巻き取る棒状の部分(ギターで言うところのペグ)を、「糸巻き」または「かんざし」と呼びます。 材質は象牙または黒檀、紅木などを用いるが、最近ではプラスチックやアクリル製半透明のものやカラフル ...

津軽三味線の特徴 棹と銅

津軽三味線本体の寸法は義太夫の三味線とほぼ同じです。 棹材には稽古用として花梨(かりん)、舞台用で高級なものになると紅木(こうぎ)を用います。 後者の方が材質が固い為音質が良く、棹の摩耗(勘減り)があ ...

津軽三味線の歴史 その3

つまり簡単に言えばそんな目立ちたがり屋さんが若干の人気を博したので、多くの津軽三味線奏者が、それまで瞽女と同じ中棹や細棹を用いていたものが太棹になり、撥は速弾きに適した小振りなものとなり、音楽もまた一 ...

津軽三味線の歴史 その2

津軽三味線に関する多くの口伝を調査・記録し、文書としてまとめたのは大條和雄(だいじょう かずお)がほぼ初めてで、現在認識されている津軽三味線の歴史については、彼の研究成果に依るところが大きいと言われて ...

Copyright© NHKラジオで学ぶ英会話 Get The Dream , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.