ラジオ英会話2018

ラジオ英会話 Lesson 187 関係代名詞 whose 所有格を結ぶ

更新日:

Lesson 187 関係代名詞 whose 所有格を結ぶ

レッスンのポイント

今回は先行詞と所有格の空所を組み合わせる whose の登場です。whose でなければ作れない、先行詞と所有格の組み合わせを楽しみましょう。

Today's dialog

リーアは夫のマイルズに尋ねます。

Leah: Miles, what happened to our fence?

Miles: The man who lives next door drove his car into it.

Leah: So he’s going to pay for it, right?

Miles: No, he says he didn’t do it, but I saw him do it. He’s clearly lying. I think we need a lawyer.

Leah: I have a friend whose father is a good lawyer.

Miles: Do you think he can help us out?

Leah: I can talk to my friend and ask for her father’s help.

Miles: That would be great. We’ve never been in a situation like this before.

Leah: I’m sure everything will be fine.

英訳練習

本日のテキストを英訳してみましょう。文章をクリックすると英文例が表示されます。

WORDS & PHRASES

lawyer   弁護士
lying, lie   嘘をつく
ask for ...   ~を求める
situation   状況、場面

For Deeper Understanding ~より深い理解へ~

help ... out は「~を厳しい状況から助ける」。単に手伝うのではなく、厳しい状況から外に出してあげる(out)というわけです。重要フレーズ。

REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION~会話に役立つ文法~

whose は「先行詞をその所有する人・モノで説明」したいときに使いますが、この機能を持つのは whose だけです。
この文は a friend をその所有する人やモノ「その父親」で説明しています。whose は「誰の・誰のもの」を意味する wh 語。と同時に「所有格」を示す関係代名詞です。
先行詞と my father、John's father など「誰の father なのか」を示す単語が空所になった節を結びます。ここでは a friend と「~の父親」が組み合わされ「その父親がいい弁護士である友達」となります。「whose+名詞」は常にまとまって先行詞の後ろに置かれることに注意しましょう。

I apologized to the boy whose bicycle I damaged.
私は私がその自転車を壊してしまった少年に謝罪した。

the boy を whose で受けるだけなら(X)the boy I damaged whose bicycle となりますが、そうした言い方はしません。先行詞の直後に「whose + 名詞」を移動し、the boy whose bicycle I damaged となります。

GRAMMAR IN ACTION  ~文法の実践~

whose を使った関係代名詞修飾の練習です。

まず That's the neighbor(あれが近所のヤツ)と言い切ったあと、その人が所有する犬で the neighbor を説明しています。whose dog (そいつの犬)は節の中で主語の働きをしています。

She's the English teacher で文の骨格は完成です。あとは She's the English teacher をその所有物 lessons で説明するだけ。whose lessons をすぐに続けましょう。あとは we all love whose lessons としてはいけません。whose lessons は先行詞の直後です。

Jack is the only co-worker のあとにその所有物 advice ですぐに説明していきましょう。

CHECK THE POINT  ~練習問題~ 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

-ラジオ英会話2018
-, , , , ,

Copyright© NHKラジオで学ぶ英会話 Get The Dream , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.