ラジオ英会話 Lesson 040 今週のREVIEW

Lesson 036 応用文型 丁寧な依頼

Shun: Did you finish the slides for your presentation?

Olivia: Yes, it took a long time.

Shun: Let’s practice in the meeting room.

Olivia: Sounds good, I’ll bring my computer.

Shun: OK, let’s go.

Olivia: Could you connect my computer to the monitor, please?

Shun: Sure.

Olivia: Oh, wait, I just remembered, I have to make a phone call first, I’ll be back in a few minutes.

Shun: No problem. Take your time.

Pick-Up Phrases

Could you connect my computer to the monitor, please?

 

Lesson 037 応用文型 there構文

John: Hey, look! There’s a squirrel in the garden.

Junko: Oh, yeah. It’s so cute. Let’s go out and take some photos.

John: Er… I’m not sure about that. I mean, it might be dangerous.

Junko: You must be joking. It’s a squirrel, not a tiger!

John: OK, OK. But I heard they carry a lot of diseases.

Junko: Mmm, that’s probably true. We’d better not touch it.

John: All right, then.

Junko: Just wait a minute while I get my camera.

Pick-Up Phrases

There’s a squirrel in the garden.

 

Lesson 038 応用文型 リポート文(動詞句説明)1

Ted: Don’t you think that our new math teacher, Mr. Sakamoto, is too strict?

Naomi: Not really.

Ted: He gives us far too much homework.

Naomi: That’s true, but I think he’s a great teacher.

Ted: Really? I think you like him because he’s good-looking.

Naomi: Well, that may be part of the reason.

Ted: No wonder you ask him so many questions.

Naomi: What? No, I don’t! Get out of here!

Pick-Up Phrases

 I think he’s a great teacher.

 

Lesson 039 応用文型 リポート文(動詞句説明)2

Kazu: Hi, Lina. How about going for lunch.

Lina: I’m afraid I don’t have time right now. I have to finish this report by three.

Kazu: Oh, so busy, huh?

Lina: Yes, I have tons of work at the moment.

Kazu: Can I get you something from the store?

Lina: Yes, please. Can you get me a tuna sandwich?

Kazu: Sure.

Lina: Thanks, Kazu. Here’s some money.

Pick-Up Phrases

I’m afraid I don’t have time right now. 

 

PRACTICAL CHALLENGE! ~実践チャレンジ~

英語で下記の内容を表現してみよう。必ず声に出して練習しよう。

自分が主人公になったつもりで表現しましょう。
テレビのニュースでは、「貧困」「温暖化」など世界のいろいろな問題が報じられています。
でもあなたは、より良い世界に出来ると考えています。

[英語で表現してみよう]

使用表現例
problem (s) / challenge (s):  問題
in the world:  世界には
I am sure: 私は確信している
I believe:  私は信じている
a better place:  より良い場所

SIMPLE ANSWER

There are so many problems in the world, but I am sure we can make our world a better place!

日本語訳例
世界には問題がたくさんあります。でも私はよりよい世界を作ることができると確信しています!

「世界にはたくさんの問題があります」は皆さんすぐにできましたよね?
There are ・・・で始めればOK. world(世界)には通常 the をつけます。
the は「1つに決まる」を意味する冠詞。世界は「1つ」しかありませんからね。
but のあと、ここでは I am sure(確信している)を使って自信を表してみました。
何が I am sure なのか、その内容が we can make our world a better place。
この文の型が分かりましたか? そう、「目的語説明型」ですよ。

make our world a better place.

our world  目的語
a better place 説明語句

「our world = a better place」という状況を make するわけですね。

 

ADVANCED ANSWER

Poverty, terrorism, climate change. There are so many global challenges.
We all have to face these problems and create a fairer, safer and more sustainable world for future generations.

日本語訳例
貧困、テロ、気候変動。地球規模の問題はたくさんあります。私たちはみんなこれら諸問題に立ち向かい、将来の世代のために公平で安全な、そして持続可能な世界を創り出さなければなりません。

Wow! このレベルの回答はなかなかネイティブスピーカーでもできません。
でも時々いますよね。こうしたことを理路整然と言える人が。それはね、
「準備している」から。絶えず「世界はどんな様子なんだろう」「自分はどうあらねば
ならないのだろう」といった繰り返しの問答を自分でしているからなんですよ。
皆さんもそうした問答を、たまには英語で練習してみるといいでしょう。
英語でまとまったことを書いてみる。
そうした日常がすばらしい英語力につながるのです。

さて、ここでは「世界にはたくさんの問題があります」を so many global challenge 
と人気の global (地球全体の・世界規模の)という単語を使って表しています。
こうしたひと工夫で文は一気にこなれた感じが出てくるのです。

決意の文は、We all have to face・・・。face は「直面する」という動詞です。
create は「作り出す」。
make と似ていますが、こちらは「ゼロから作り出す」というニュアンスの動詞。sustainable も最近はやりの単語です。「持続可能な」。環境を壊さず継続することが
できる、ということ。しっかり覚えてぜひ使ってくださいね。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。