日別アーカイブ: 2018年4月19日

ラジオ英会話 Lesson014 目的格の意味

Lesson014 目的格の意味

レッスンのポイント
他動型に使われる代名詞には「目的格」が使われます。それは機械的な規則ではありません。目的格には独自の意味があるのです。

シンジがエマに写真を披露しています。

Shinji: Let me show you some family photos, Emma.

Emma: Oh, great!. When was this picture taken?

Shinji: Last month. It’s my high school graduation party.

Emma: Who made that delicious-looking chocolate cake?

Shinji: My mother made it.

Emma: She did a great job. And is this roast beef?

Shinji: That’s right.My dad cooked it for me. You see, my parents love me.

Emma: Yeah, right.

シンジ: エマ、 何枚か家族写真を見せてあげますね。

エマ: あら、 すごい。 この写真はいつ撮られたものなの?

シンジ: 先月です。 それは僕の高校の卒業パーティーなんです。

エマ: 誰がそのおいしそうなチョコレートケーキを作ったの?

シンジ: それは僕の母が作ったんです。

エマ: すばらしい出来だわ。 それから、 これはローストビーフ?

シンジ: そのとおりです。 父が僕のためにそれを調理してくれたんです。 分かりますよね、 両親は僕のことを愛してくれているんです。

エマ: はい、 はい。

広告

WORDS & PHRASES

let me  「私に〜させてください」
graduation  卒業
do a great job  うまくやり遂げる
roast beef  ローストビーフ

REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION~会話に役立つ文法~

My parents love me.
両親は僕のことを愛してくれているんです。

「他動型」に特徴的なのは目的語を取ること。そして目的格で多少やっかいなのは代名詞(I, you, he, she, it, we, they)が「目的格(me, you, him, her, it, us, them)」になることです。

目的格は多くの文に出てくる形。「『~に・~を』は英語では目的格になるんだよね」ではなかなか反射的には使えません。目的格のイメージを確認しましょう。目的格のイメージは「指し示す」。試しにこの文をジェスチャーで表現すると、自分を指して love me という感じになります。

I believe him.     私は彼を信頼しています。

他動型は目的語に行為が及ぶ型。動詞のあとのどこに行為が及ぶのかを指して示す、そうした型。

目的格の位置は動詞の後ろだけではありません。前置詞の後ろも目的格の位置。
Don’t look at me.
 I usually go to school with them.

こちらも当然指し示す感触。

GRAMMAR IN ACTION  ~文法の実践~

ひどいドレスね。 誰が選んだの?
That’s an awful dress. Who chose it?

chose は choose(選ぶ)の過去形。後ろの it は当然目的格。awfulの代わりにterribleも・・

ベストは尽くしたんだけど、それでもカイトには負けた。
I played my best, but Kaito still beat me.

beat は「たたく・打ち負かす」過去形も同形。

カラオケに行くところなんだけど、一緒に行きたい?
We’re going to Karaoke. Do you want to join us?

join は「参加する」 この文はたいへんよく使われる。丸ごと丸暗記を!
join の代わりには come with などを

CHECK THE POINT  ~練習問題~

日本語の意味に合うように(  )に適切な語句を入れる。

ケイトには兄がいる。彼女は兄が好きで、兄がそばにいないと寂しく思う。

Kate has a brother. She likes  (       ) and misses (          ) when he is away.

解答 
him  /  him

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村