ラジオ英会話 Bird Communication? 鳥とコミュニケーション? 

スポンサーリンク

夕食の時間に、リオ(L)はメアリー(M)とジョン(J)に知らせたいことがあるようです。

Bird Communication? 

L: Guess what? I got an A on my science project!

J&M: Way to go, Leo!

L: Thanks for helping me with the bird feeders.

J: I’m glad I could help! (tapping sound) Good grief, don’t tell me.

M: That cardinal is tapping on our window.

L: Let’s give him a name!

J: We might as well. How about Jackhammer?

L: Hey, Jackhammer!

M: Oh, dear. It looks like Jackhammer is here to stay!

広告

鳥とコミュニケーション?

L: あのね。科学の課題でAをもらったよ!

J&M: さすが、リオ! 

L: 野鳥の餌台のことで手伝ってくれてありがとう。

J: 力になれてうれしいよ!(コツコツたたく音)やれやれ、まさか!

M: あのカーディナルが窓をたたいているわ。

L: 彼に名前を付けてあげようよ!

J: そうしたほうがいいか。ジャックハンマーはどうだい?

L: やあ、ジャックハンマー!

M: あらまあ。ジャックハンマーはここに落ち着くみたいよ!

Words & Expressions

Guess what? あのね。(話の導入に使う)

get an A on one’s … 自分の~(のテスト・課題)でA をもらう

Way to go! さすが!立派!

help X with Y YについてXを手伝う

I’m glad I could help. 力になれてうれしいです

Good grief! やれやれ!参った!まずい!

Don’t tell me! まさか!言わないで

give … a name ~に名前を付ける

might as well そうしたほうがよい

… is here to stay! ~はここに落ち着きます!

Apply It! (本日の重要表現)

I’m glad I could help!
力になれてうれしいよ!

返答表現。これまで手伝ったことについて感謝されたとき、このように返答することができます。You’re welcome. の代わりに使えます。
I’m glad I could be of help. と言い換えることもできます。

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

☆ 両親は日本で素晴らしい時間を過ごしました。
My parents had a great time in Japan.

★ それを聞いてうれしいです。
I’m glad to hear that.

☆ 何から何までありがとう!
Thanks for everything!

★ 力になれてうれしいです!
I’m glad I could help!

Say it ダイアログの一部を使い、発音、リズム、イントネーション、リダクション(弱化)などをチェックし、声に出して練習する。

I got an A on my science project!
私は科学の課題でAをもらいました!

got an A は「ガッtアnエイ」と分けず、リンクして「ガッタネイ」のような音にまとめます。「この私が」と自慢する場合は、機能語の代名詞 I を強めます。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。