ラジオ英会話2018

ラジオ英会話 Lesson 231 目的語拡張:目的の位置にある to 不定詞・動詞 -ing 形

更新日:

Lesson 231 目的語拡張:目的の位置にある to 不定詞・動詞 -ing 形

レッスンのポイント

このレッスンでは文の設計図である基本文型に従って、to 不定詞・動詞-ing 形を目的語に置く練習をします。

Today's dialog

トーマスが上司のビビアンと営業訪問の予定について話し合っています。

Vivian: Could you please tell me your sales visit plan for today?

Thomas: Sure. I’m going to visit Pears Tech to make a sales presentation in the morning, and after that I’ll visit HIROTO Corporation for a meeting in the afternoon.

Vivian: Remember to meet Amy there, OK?

Thomas: Excuse me. Could I ask who Amy is?

Vivian: Don’t you know Amy? Come on! She is in charge of production.

Thomas: Oh, sorry I’m so forgetful. I remember now. I’ll definitely talk to Amy and promote our products.

Vivian: You need to take your responsibilities more seriously, Thomas.

Thomas: I’m sorry. I’ll do a better job this time, Vivian.

英訳練習

本日のテキストを英訳してみましょう。文章をクリックすると英文例が表示されます。

 
 
 
 
 
 
 
 

WORDS & PHRASES

sales visit 営業訪問
Come on! そんなはずはない!
in charge of ... ~を担当して
forgetful 忘れっぽい
definitely きっと
promote ~を売り込む、宣伝する

For Deeper Understanding ~より深い理解へ~

 
ask の内容を wh 節で説明。wh 節は疑問文ではなく文の一部として機能しています。疑問形にはなっていないことに注意しましょう。
 

REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION~会話に役立つ文法~

 
英語での文作りは、主語・目的語など決まった場所に表現を「放り込んでいく」作業です。自然なニュアンスを持つ文を作るためには、何を目的語位置に放り込むのか、日本語訳を超えた、表現に対する知識が要求されることがあります。
この文では to 不定詞が remember の目的語位置に「放り込まれて」います。to 不定詞は「(指し示す)矢印」が基本イメージであるため、「これから」のニュアンスを帯びることが頻繁にあります。remember to ~はそうした例。「(これから)~することを忘れない」となります。
 
今度は目的語位置に動詞 -ing 形を入れてみましょう。
 
 
目的語位置にある to 不定詞・動詞 -ing 形の選択は、動詞が持つ意味に敏感に対応します。「これから」を強く指向する動詞は to 不定詞を、「リアルな状況」を想起させる動詞は動詞 -ing 形を使うのが自然な選択です。
 
 
 
 

GRAMMAR IN ACTION  ~文法の実践~

動詞の目的語の位置に to 不定詞・動詞 -ing 形のどちらかを使う練習です。
 
an early retirement は「早期退職」。consider の後ろは動詞-ing 形を使います。リアルに状況を想像するからです。
 
 
promise は目的語に to 不定詞をとります。「(これから)することを約束する」:からです。hear from は「連絡がある」。まとめて覚えましょう。
 
 
finish には動詞-ing 形。具体的でリアルな状況でなければ終わることが出来ませんから。
 

CHECK THE POINT  ~練習問題~

 
avoid は「避ける、回避する」。具体的な状況を前提とする場合は動詞-ing 形。
 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

-ラジオ英会話2018
-, , , ,

Copyright© NHKラジオで学ぶ英会話 Get The Dream , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.