ラジオ英会話 Lesson 080 今週のREVIEW

Lesson 076 should①

Maggie: Why the sad face, Akira?

Akira: Oh, I bought this T-shirt through online shopping, but it doesn’t fit very well.

Maggie: Didn’t you check the size before you bought it?

Akira: Yes, I did, but this is a UK medium. It’s larger than a Japanese medium.

Maggie: You should be more careful.

Akira: I know.

Maggie: Anyway, I think the T-shirt looks pretty cool, actually, and I like the color.

Akira: Really? Well, that makes me feel a lot better. Thanks.

 

Pick-Up Phrases

You should be more careful.
あなたはもっと慎重になるべきよ。

 

Lesson 077 should②

Kyle: Ms. Yamada, I’m writing an article for the school newspaper about the new teachers. Can I ask you a few questions?

Ms. Yamada: Of course.

Kyle: Thank you, what do you expect from your students?

Ms. Yamada: First of all, I always insist that they should be on time for class.

Kyle: I see. Anything else?

Ms. Yamada: Yes, I also want my students to ask lots of questions.

Kyle: That’s great. Thank you very much for your time.

Pick-Up Phrases

I always insist that they should be on time for class.
私は生徒が授業に時間どおりに出席することをいつも求めています。

Lesson 078 その他の助動詞類

Justin: Hi! This is a great party. Ah, what’s your name?

Izumi: Izumi.

Justin: Nice to meet you, Izumi. I’m Justin. Do you live near here?

Izumi: I live in Tokyo.

Justin: Oh, really? I used to live in Tokyo a long time ago.

Izumi: Where exactly in Tokyo did you live?

Justin: I lived in Mitaka. I taught English at a few high schools there.

Izumi: Did you like living there?

Justin: Yes, very much. People there are very kind and friendly.

 

Pick-Up Phrases

I used to live in Tokyo a long time ago.
私はずいぶん前に東京に住んでいたことがあるんです。

 

Lesson 079 助動詞は重ねて使わない

Wataru: Do you have any good ideas about what we could sell at the school festival?

Nina: Umm. Sorry, I can’t come up any ideas right now.

Wataru: Umm. How about selling hot dogs or snow cones?

Nina: Oh, I love snow cones. My favorite flavor is strawberry.

Wataru: That’s my favorite, too. So can you help us, Nina?

Nina: Sure, I’d love to. How many students do you think will help?

Wataru: I haven’t asked anyone else yet. Next week, I will be able to give you more information.

 

Pick-Up Phrases

I will be able to give you more information.
君にもっと情報をあげられるだろうね。

PRACTICAL CHALLENGE! ~実践チャレンジ~

英語で下記の内容を表現してみよう。必ず声に出して練習しよう。

自分が主人公になったつもりで表現しましょう。

部下のタロウはいつもミーティングに遅れて来ます。
今日もまた遅刻。リーダーとしてあなたは注意しなければなりません。
遅刻しないよう、そしてまた遅刻した際にはボスに報告しなければならないかもしれないことを申し渡してください。

[英語で表現してみよう]

使用表現例
punctual  :  時間を厳守する、時間に正確な
late :  遅刻して、遅れて
report :  報告する

SIMPLE ANSWER

1 Taro, you should be more punctual. 
2 If you’re late again, I may have to report this to the boss.
3 Understand?

日本語訳例
タロウ、君はもっと時間を厳守しなくてはいけません。
もしまた遅刻するようなら、ボスにこのことを報告しなければならなくなるかもしれません。
分かった?

1 Taro, you should be more punctual. 

アドバイスの should 。more punctual で「今より時間厳守で」。

2 If you’re late again, I may have to report this to the boss.

「未来を表す副詞節は現在形」です。厳密にはこれからのことを if 以下で述べていますが、「すでに起こったことを前提」とするために現在形が使われます。
may have to は「しなければならないかもしれない」。

3 Understand?

警告のニュアンスが加わったぶっきらぼうな「分かった?」です。

ADVANCED ANSWER

1  You’re late again, Taro! You should set three alarm clocks. That might work!

2  But seriously, if this continues, I’ll have to report you to the boss.

日本語訳例
君はまた遅刻だ、タロウ!
君は目覚まし時計を3つセットするべきだ。そうすればひょっとして起きることができるかもしれないだろう!
でも真面目な話、もしこれが続くようなら君のことをボスに報告せざるを得ないからな。

1  非常に厳しい発言です。should は助言ですが、怒気を含んだ助言。
 might は may (かもしれない)の過去形。「ひょっとして~かもしれない」。

文頭の seriously は「真面目な話」。以降の話がシリアスな話である、と話し手の態度を述べています。以降の内容を「指定」するため文頭に置かれます。「指定」ルールです。
 will have to は may have to のようなあやふやな話ではありません。「そうしたことになる」。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。