映画「ジェーン・ドウの解剖」を見ました!

スポンサーリンク

昨日 映画「ジェーン・ドウの解剖」を見ました。
予告編

この映画の題名にもなっている「ジェーン・ドウ」とは Jane Doe で氏名不詳の女性のことです。
ちなみに男性の場合は、ジョン・ドウ で John Doe です。
ラジオ英会話でもよく出てくる、ジョン・ドウ さんは、実は日本語で言う「名無しの権兵衛」さんのような名前です。

話は変わりますが、この映画はスリラー映画ですが、解剖シーンがリアルだという評判です。
実際の解剖は自分も見たことがないので想像でしかわかりませんが、確かにリアルです。
なお、解剖される女性の体がとてもきれいで、見とれますo(^_^)o

今週のラジオ英会話は、Working with Animals(動物関連の仕事)

動物管理局員(A)が依頼を受けてある家にやってきました。家の持ち主(H)が事情を離します。

An Animal Control Officer and a Homeowner

H: Something was making a big ruckus. It kept me up all night.

A: It’s probably a raccoon.

H: Can you climb up in the attic and take a look?

A: I need to make sure it’s not rabid first.

H: Oh!

A: I’ll set some traps. After I catch it, I’ll release it to the wild.

H: What if you can’t catch it?

A: Don’t worry. I’ll get the job done.

Backyard raccoon!

動物管理局員と家主

H:何かが騒がしい音を立ててて。 そのせいで一睡も出来ませんでした。

A:おそらくアライグマです。

H:屋根裏部屋に登って見てもらえますか?

A:まず狂犬病にかかっていないか確認する必要があります。

H:ええっ!

A:罠をいくつか仕掛けます。 捕らえたら、野生に戻します。

H:捕まえられなかったら?

A:大丈夫。 ちゃんとやり遂げますから。

Words & Expressions

○ animal control officer 動物管理局員

○ make a big ruckus 大騒ぎする

○ keep … up …を眠れない状態にする

○ raccoon アライグマ

○ climb up in the attic 屋根裏に上がる

○ need to make sure … first まず…であることを確認する必要がある

○ rabid 狂犬病・恐水病にかかっている

○ set a trap 罠を仕掛ける

○ release … to the wild …を野生に返す

○ What if …? もし…したらどうなりますか?

○ I’ll get the job done. (仕事・やることは)ちゃんとやり遂げますから。

広告

Apply It! (本日の重要表現)

I’ll get the job done.
(仕事は)ちゃんとやり遂げますから。

積極的な意向を表す表現。
I’ll とい意思を表すフレーズと、 get the job done(その仕事を終わらせる)とで、
「任せてください」というニュアンスを出します。よく Don’t worry. に続けて使います。

 

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

あなたの車の修理のことで・・・

☆: 車はいつまでに戻してもらう必要が?
☆: By when do you need your car back?

★: 明日正午(までに)。
★: Tomorrow at noon.

☆: もしそれまでに彼らだ直せなかったら?
☆: What if they can’t fix it by them?

★: 大丈夫。彼らはちゃんとやりますから。
★: Don’t worry. They’ll get the job done.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。