君にお任せ、や コツコツ頑張る、を英語で言う

スポンサーリンク

今日は「なんでもいい。お任せします」と言いたい時の「お任せ」という表現と「毎日コツコツ頑張ろう」という時の「コツコツ」について調べてみました。

まず、「あなたに任せる」というと
It’s up to you が思い浮かびますね。

1 It’s totally up to you.
「あなたに全部お任せします」

基本的な表現 It’s up to you に副詞のtotallyが入った表現です。
Totallyは強調するために使われています。
totallyが入ると、カジュアルなアメリカ英語になりますね。

2 Can I leave it to you?
「あなたに任せていい?」

Leaveは「残す」
直訳すると、「それをあなたに残していい?」となります。
すなわち、「それをあなたに託していい?」→任せていい?
ということになります。

3 I can’t make up my mind.
「私、決められない」

make up my mind で「決心する、決める」と
いうことになります。
これは1,2とは少し違う角度からの表現になりますが、
「私は決められない」ということはすなわち、
相手に決定をゆだねているということです。
大人の表現ですね。

4 I’m easy.
「なんでもいいよ、私は気にしないよ。」

つまり Any choice is okay.
どんな選択でもOK.任せるよ。というニュアンスです。

5 Either is fine.
「どっちでもいいよ。」
日本人がよく言う「どっちでもいい」はこれになりますね。
Eitherが「どちらか」を示します。

広告

それともう一つ気になる言葉です。
英語は毎日コツコツ勉強することが大事ですが、
その「コツコツ」はどういう表現するのでしょう。

every chance I get / we get/someone gets

直訳すると、「機会がある限りいつでも」となります。
ガツガツ、機会があるごとに、チャンスをつかむごとにコツコツやる、というニュアンス。

例文
Every chance I get, I’m going to study.
「コツコツ勉強していくよ。」

Let’s practice every chance we get!
「コツコツ練習して行こうぜ。」

She would try every chance she gets.
「彼女なら、コツコツ努力していくだろう。」

ニュアンスとしては試合や試験に向けて、コツコツやっていくという感じです。

2  little by little 「少しずつ」
「little」=「少し」ずつという意味が直訳ですね。
少しずつ、コツコツと・・定期的にちょこちょこ続ける・・というニュアンスです。
bit by bit というのも同じです。

I’m just remember that little by little.
「ちょうど、あのことについて少しずつ思い出してきた」

He dug the sand little by little.
「彼は、その砂をコツコツ掘った。」

ちなみに、

little by littleの反対の表現は all at once (一気に)

You shouldn’t do it all at once.
「一気にやらなくていいよ。」

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

関連記事

金曜日はReview の日です
彼は役に立たない、を英語で言う(^^;
Who Is We? 「我々」って誰?
John’s Big Garden Plan ジョンのビッグな菜園設計図
Going Organic 有機栽培でいく

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。