ラジオ英会話2018

ラジオ英会話 Lesson 228 リポート文:英語語順の奇妙さを乗り越える

更新日:

Lesson 228 リポート文:英語語順の奇妙さを乗り越える

レッスンのポイント

文型の復習を一歩進めましょう。「説明ルール」との組み合わせで生まれる「リポート文」です。(Lesson 038 ~ 039 でも学習しました)

Today's dialog

声優のカールとカヤが話しています。

Karl: I’ve been going to the recording studio every say this week.

Kaya: You’re so busy these days. I hope you’re not too tired.

Karl: Thanks. I was able to get some sleep last night. Sometimes I can’t remember which day it is.

Kaya: Do you want to drop by a cafe somewhere before the recording?

Karl: I’d love to, but I’m afraid we don’t have time right now.

Kaya: I guess you’re right. Do you mind if I get a canned coffee from a vending machine? I need something to wake me up.

Karl: Sure. I’ll get one too. It’s going to be a long day.

英訳練習

本日のテキストを英訳してみましょう。文章をクリックすると英文例が表示されます。

 
 
 
 
 
 
 

WORDS & PHRASES

mind 気にかける
canned 缶入りの
vending machine 自動販売機

For Deeper Understanding ~より深い理解へ~

 
drop by は「立ち寄る」。drop は「ポテっと落ちる」。by は「~の近くに」。 2つのイメージの合成で「立ち寄る」となります。イメージを知ることは句動詞理解のカギです。
 
 
-thing、-one/-body で終わる名詞は、後ろに説明を置く、でしたね。I need something(何か欲しい)と言い切ってから、to wake me up(私を起こしてくれる)で説明しています。
 

REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION~会話に役立つ文法~

 
この文はリポート文。動詞句の説明を後続の節が行う「説明ルール」が作る形です。主語の思考・感情・発言をリポートします。am afraid(恐れている・残念に思う)の内容を節で展開する意識で作ります。
 
 
 
リポート文には that 節以外の節も使えることをもう一度確認しましょう。
 
 

GRAMMAR IN ACTION  ~文法の実践~

リポート文の練習です。
 
informed us(私たちに知らせてくれた)の内容を that 以下が説明。
 
 
wasn’t sure の内容を whether 節(~かどうか)が展開。
 
 
wondere は「~かしらと思う」。何を不思議に思ったのかを why 以降の wh 節が説明、展開。
 

CHECK THE POINT  ~練習問題~

 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

-ラジオ英会話2018
-, ,

Copyright© NHKラジオで学ぶ英会話 Get The Dream , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.