ラジオ英会話

ラジオ英会話 Lesson 152 受動態⑧ 受動態の使いどころ

投稿日:

Lesson 152 受動態⑧ 受動態の使いどころ

レッスンのポイント

受動態についての学習は今回が最後。受動態をいつ使えばいいのかについて学びます。

Today's dialog

自分の英語の発音が不安なモモが、スミス先生に相談します。

Momo: Mr. Smith, I’m worried about my English pronunciation. It’s nowhere near good enough!

Mr. Smith: Huh? Your pronunciation is excellent, Momo.

Momo: But I want it to be perfect, just like a native speaker.

Mr. Smith: But you know, English is spoken in many different countries, and the native speakers of each country have their own distinctive accent.

Momo: So you’re saying that there is no single model of perfect English pronunciation?

Mr. Smith: That’s right. And even within a country, like England or the United States, people speak with very different accents. So you should relax!

Momo: OK, I’ll stop worrying about perfect pronunciation and focus on enjoying speaking English.

英訳練習

本日のテキストを英訳してみましょう。文章をクリックすると英文例が表示されます。

WORDS & PHRASES

pronunciation  発音
nowhere near  ~と大きくかけ離れて、~に遠く及ばない
native  母語の、その土地の
distinctive  特有の、独特の
model  手本、模範
worried about  ~を心配してる
focus on  ~に集中する、専念する

For Deeper Understanding ~より深い理解へ~

nowhere near ... は「~と大きくかけ離れて、~に遠く及ばない」。強い否定。よく使われます。

you're saying that ... は「~と言っているのですね」。相手の発言の真意を確認するのに便利なフレーズ。

いろいろなポイントのある文。I'll stop では「意思の will(~するよ)」が使われています。stop の目的語は worrying と動詞 -ing形。to 不定詞は選べません。and 以降の focus が原型なのは I'll の後ろに続いているから。focus(集中する)は concentrate(集中する)よりも、集中力が強い感触です。focus は「焦点」ですから。

REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION~会話に役立つ文法~

受動態の学習の最後に、受動態についてひとつだけ注意を。それは受動態には使うべき場所があるということ。受動態と通常の能動態のどちらが多く使われるかといえば、それは圧倒的に能動態です。能動態の表すことのできる内容なら能動態優先。
例えば I love you. と言えばいいところで、You are loved by me. という必要はありませんし、奇妙に響きます。能動態ではうまく言えない内容 それが受動態の生息域なのです。
その最たる例が本日のキーセンテンス。

この内容は能動態ではなかなか表すことができません。能動態なら「誰が話すのか」を言わなくてはなりませんから。「誰が言ったのかわからない・言えない」ケースでは受動態優先となります。
また、英語は主語の大きな頭でっかちの文を極力避ける傾向にあります(to 不定詞主語の文の代わりに it ... to が多用されることも以前紹介しました)。「能動態文では頭でっかちになる」も受動態が使われる動機になります。

下の文では( )内の長い主語の能動態より受動態の方が自然に響きます。

もう一つ別の例を。

この文を聞いて「一般的に言われているんだなぁ」と思いますよね。能動態は「~さんは言いました」とならざるを得ないため、一般性は生まれません。受動態は「誰が言ったのか」が伏せられるので、発言に一般性が生まれるのです。

GRAMMAR IN ACTION  ~文法の実践~

誰が見つけるのかを述べるのは不可能。受動態の独断場。mosquitoes は無冠詞複数。「蚊」一般を表す表現です。stagnant(よどんだ・流れのない)。

能動態文 The response to our fund-raising has delighted us. は頭でっかちの不安定な文。受動態でスッキリした文を作りましょう。delighted は「喜んで」。

it is often said ... (~としばしば言われる)はよく出てきます。口癖にして覚えましょう。

CHECK THE POINT  ~練習問題~ 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

-ラジオ英会話
-, , , , ,

Copyright© NHKラジオで学ぶ英会話 Get The Dream , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.