ラジオ英会話 Lesson 075 今週のREVIEW

Lesson 071 mustとhave to

Mom: Daiki, can you take off your headphones?

Daiki: What, Mom? I’m listening to my favorite song right now.

Mom: Take off your headphones now!

Daiki: OK, what is it?

Mom: You need a haircut.

Daiki: But I’m a member of a rock band. I can’t get a haircut. It won’t look cool.

Mom: It doesn’t matter. You’re going to your sister’s wedding next week, right? I’m telling you, you have to have your hair cut.

Daiki: Nobody understands artists.

Pick-Up Phrases

You have to have your hair cut.
髪を切ってもらわないといけないわ。

 

Lesson 072 can①

Duncan: Elena, we’ve been hiking up this mountain for hours. Let’s take a break.

Elena: We’re almost at the top.

Duncan: But I need to take a rest and drink some water.

Elena: We can rest at the top.

Duncan: You go first, and I’ll join you later. I can’t go any further now.

Elena: Come on! You can do it.

Duncan: OK. You have so much energy. What did you have for breakfast this morning?

Elena: I ate a steak.

Duncan: Oh, that’s the reason.

Pick-Up Phrases

You can do it.
あなたならできるわ。

Lesson 073 can②

Gaku: What are you doing?

Lily: I’m doing my kanji homework.

Gaku: Can I see? Oh, you made a mistake on this kanji.

Lily: Where is the mistake?

Gaku: Look. This part is strange. Let me show you the correct way to write it.

Lily: Thank you.

Gaku: Oh, I don’t have a pen.

Lily: No problem. You can use mine.

Gaku: You see? This is the right way.

Lily: Great. I got it.

 

Pick-Up Phrases

You can use mine.
私のを使っていいわよ。

 

Lesson 074 can③

Ashley: Hi, Yuta. Long time, no see.

Yuta: Yes, it’s been a few months since we last met.

Ashley: So, how’s the new job going?

Yuta: Oh, pretty well overall. But I sometimes get frustrated with my boss.

Ashley: Really? Why’s that?

Yuta: Because he can be very selfish at times.

Ashley: How so?

Yuta: Well, last Friday, for example, I had spent ages preparing an important presentation, but he canceled it at the last minute!

Ashley: That’s terrible!

 

Pick-Up Phrases

He can be very selfish at times.
彼はとても自分勝手なときがあるんだ。

PRACTICAL CHALLENGE! ~実践チャレンジ~

英語で下記の内容を表現してみよう。必ず声に出して練習しよう。

自分が主人公になったつもりで表現しましょう。

あなたの友人が、春にロンドンに旅行に行きます。
友人は日本と同じように暖かいと油断していますが、ロンドンは春でもとても寒くなることがあるのです。

「ロンドンは春でも寒くなることがあるから、かぜをひかないように。セーターとか持っていったほうがいいよ」くらいを伝えてみましょう。

[英語で表現してみよう]

使用表現例
even in spring :  春でさえ、春ですら
be careful not to catch a cold :  風邪をひかないように気をつけて

SIMPLE ANSWER

1 It can be very cold in London, even in spring. 
2 You have to be careful not to catch a cold, so take a sweater or something with you.

日本語訳例
ロンドンでは春でさえとても寒くなることがあるんだよ。
風邪をひかないように気を付けなくっちゃダメだから、セーターか何かを持って行きなよ。

1 It can be very cold in London, even in spring. 

ここの it は状況を受ける it 。ロンドンの状況を想起しながら「寒くなることがあるんだよ」と始めてください。そして何が寒くなるのかわからないため in London と説明します。

2 You have to be careful not to catch a cold, so take a sweater or something with you.

とても寒いことになるわけですから、客観的な「気を付ける必要がある」と have to を使っています。not を  to 不定詞の前につけて「~しないように」。take は「(手に)取る」。
with you は「身につけて」。take … with で「持っていく」となります。

ADVANCED ANSWER

1  Listen. I’m English, so you have to believe me when l tell you that it can be freezing in England, even in the springtime.

2  You should definitely take some warm clothing with you.

日本語訳例
いいかい、僕はイギリス人だから、僕の言うことを信じてくれ。
春でさえイギリスは寒くなることがあるんだよ。。
絶対暖かい服を持って行ったほうがいいよ。

1  have to believe me when l tell you that … は直訳すれば「~と言うときは僕を信じてくれなくては」ですが、「僕を信じてくれ。本当だから」といった意味合い。
後半のit can be freezing in England, even in the springtime. これは「可能性の can 」です。

definitely が(絶対・必ず)使われています。clothing は「衣服」一般を指す表現。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。