ラジオ英会話 Lesson 107 notのクセ② 文脈の否定はカウントしない

Lesson 107 notのクセ②文脈の否定はカウントしない

レッスンのポイント

not の持つ「クセ」の2つめ。英語では「文脈の否定は勘定に入れない」というクセです。日本人がよく間違える重要ポイントです。

アメリカのカンザス州から日本にやって来たジョー。落ち着かない様子のジョーにリカが理由を尋ねます。どうやら学校の制服が原因のようです。

Rika: What’s wrong, Joe?

Joe: I’m kind of hot in this uniform.

Rika: Don’t you like our school uniform?

Joe: Yes, I do, but it’s too hot in this kind of weather.

Rika: Don’t you have school uniforms at your school in Kansas?

Joe: No, we don’t. We wear casual clothes. Rika, do you like your uniform?

Rika: Yes, I do. I like this sailor suit type. It’s so cute, and I don’t have to think about what to wear every day.

Joe: Umm, that’s a good point. I hadn’t thought about that.

 

リカ: ジョー、どうかしたの?

ジョー: この制服を着ていると、ちょっと暑いんだ。

リカ: 私たちの学校の制服が気に入らないの?

ジョー: いや、気に入っているんだけど、こんな天気じゃ暑すぎるよ。

リカ: カンザス州のあなたの学校には制服がないの?

ジョー: うん、ないよ。僕たちはいつもふだん着なんだ。リカ、君は制服を気に入っているのかい?

リカ: ええ、そうよ。私はこのセーラー服タイプの制服が好きなの。とてもかわいいし、毎日何を着たらいいのか考える必要もないわ。

ジョー: うーん、それはいい指摘だ。そんなことは考えてもいなかったよ。

 

WORDS & PHRASES

casual  ふだんの、気ままな
sailor suit  セーラー服

 

REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION~会話に役立つ文法~

Don’t you like our school uniform? – Yes, I do.
私たちの学校の制服が気に入らないの?- いや、気に入っているよ。

not のクセ、それは「文脈の否定はカウントしない」ということです。答える側は Yes, I do.(いや、気に入っているよ)と答えています。日本語では「気に入らないの?」という質問の「ない」を勘定に入れるため「いや、気に入っているよ」となりますが、英語は質問の not をカウントせず、Do you like your school uniform? と尋ねられたときとまったく同じ答え方 Yes になるのです。

もうひとつダイアログの文を見てみましょう。

Don’t you have school uniforms at your school in Kansas? – No, we don’t.
カンザス州のあなたの学校には制服がないの?- うん、ないよ。

こちらも否定をカウントする日本語は、「制服がないの?」と尋ねられ「うん、ないよ」。でも英語は Do you have …? と尋ねられたときと同じように No となっていますね。一見複雑そうですが「英語は文脈の否定をカウントしない」と覚えておけば、迷うことはありません。

次はもう少しシリアスなケースを・・・・

You’re not ditching me, right? – Of course. / Of course not.
あなたは私を捨てたりはしないよね?- もちろん。

この質問は答えを間違えたらとんでもないことになってしまいます。
Of course. なら もちろん(捨てますよ)になってしまいます。 You are ditching me. に対するのと同じ受け方になるからです。「もちろん捨てないよ」なら Of course (I’m) not (ditching you). としなければいけません。

 

GRAMMAR IN ACTION  ~文法の実践~

本日習ったことを意識しながら練習します。必ず声を出して練習しましょう。

① 私たちを手伝いたくないの?-いや、手伝いたいよ。
Don’t you want to help us? – Yes, I do.

②マイクのパーティーに行かないの? – うん、行かないよ。
Aren’t you going to Mike’s party? – No. I’m not.

③ヘレンをクビにするつもりはないよね?-もちろん(そのつもりはないよ)。
You’re not going to fire Helen、are you?- Of course not.

クビにするは、 fire が使われていますが、イメージは、悪者が漫画などで大砲に詰められてどーんと飛んでいく、あのイメージが fire だ、とクリスが言っていました。

CHECK THE POINT  ~練習問題~ 

知らなかったの? – うん、知らなかったよ。

答  
Didn’t you know that? – No, I didn’t .

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。