ハーヴェイの初めてのサーフィンレッスン

スポンサーリンク

ラジオ英会話の今月の2週目。

Learning the Local Culture 現地の文化を学ぶ。

ハーヴィー(H)は、ワイキキビーチでサーフィンを教えているケネオ(K)に会い、練習を始めます。シャーリーは写真を撮るために待機しています。 

Time with Friends

Harvey’s First Surfing Lesson

K: Let’s practice on land first. Paddle like this, one stroke at a time.

H: How am I doing?

K: You got it down! Ready to catch your first wave?

H: Yup.

K: Here comes a wave! Paddle like mad! Good! Pop up to a standing position! Oooh!

H: (Big wave breaks.) I got water up my nose.

K: What a wipeout, brah! Want to give it another shot?

H: You bet.

広告

ハーヴェイの初めてのサーフィンレッスン

K:まずは陸上で練習しましょう。 こんな感じで漕いで、一度にwンストローク。

H:私、どうですか?

K:覚えましたね! 初めての並に乗ってみますか?

H:ええ。

K:波が来ましたよ! 漕ぎまくって! うまい! パッと起きて立つ! あああぁ!

H:(大きな波が砕ける。)鼻に水が入っちゃった。

K:すごいワイプアウトだったよ、ブラー! もう一度やってみますか?

H:当然。

Words & Expressions

○ on land 陸上・地上で

○ paddle パドルする、手でかく[沖に出るためボードに腹ばいになり手で水をかくこと]

○ one … at a time 一度に一つの…

○ How am I doing? 私、どうでしょうか・うまくやっているでしょうか?

○ get it down 覚える、飲み込む[IDIOM]

○ catch a wave 波に乗る

○ … like mad …しまくる、思い切り…する

○ pop up to a standing position パッと起き上がって立った状態になる

○ get water up one’s nose 鼻に水が入る

○ wipeout ワイプアウト、転倒

○ brah ブラー[男の友へのカジュアルな掛け声。brotherの意味]

○ give it another shot もう一度やってみる[give it a shotはIDIOM]

Apply It! (本日の重要表現)

How am I doing?
私、どうですか?

評価を求める表現。
How are you doing?(調子はどうですか?)ではなく、「私の出来・やり方は はどうでしょうか?」と、自分が現在していることへの評価を求めています。文末の抑揚は下げます。

 

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

茶室で

☆: ここでお茶碗を持ってこのように回して
☆: Now hold and turn the I’tea bowl like so.

★: わかりました。私、どうですか?
★: Okay. How am I doing?

☆: ここまで順調ですよ。
☆: So far so good.

★: どうも。
★: Thanks.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。