互恵主義 Reciprocity

スポンサーリンク

今日のシチュエーションは、ロンダ(R)の引っ越しの前日、手伝うと約束した友人のディラン(D)が彼女のアパートにやってきました。

Reciprocity

D: I’m sorry I can’t help you move, Rhonda. I threw out my back.

R: Oh! Are you in pain, Dylan?

D: I’m afraid so. Why don’t you ask Brad to lift the heavy stuff for you?

R: I’d rather not. He’s been acting distant lately.

D: That’s not like him. You helped him move. He owes you one.

R: Yeah. I thought we were better friends than that.

広告

互恵主義

D:申し訳ないんだけど、引っ越しを手伝えないんだよ、ロンダ。 腰を痛めてしまって。

R:あら! 痛むの、ディラン?

D:そうなんだ。 重いものを運ぶのはブラッドに頼んでみたらどうだい?

R:やめておくわ。 彼、最近よそよそしいのよ。

D:彼らしくないね。 君は引っ越しを手伝ったでしょう。 彼は君に借りが一つある。

R:ええ。 私たち、もっといい友人だと思っていたんだけど。

Words & Expressions

○ reciprocity 互恵主義、返報性[相手がしてくれた物事に対し等分のお返しをすること]

○ help … move …が引っ越すのを手伝う

○ throw out one’s back ぎっくり腰になる

○ in pain 痛くて、苦しくて

○ stuff もの[thing(s)よりカジュアルな言い方。特定のものを指さない]

○ I’d rather not. やめておきます。遠慮しておきます。

○ He’s been acting … lately. 彼は最近態度・様子が…です。

○ act distant (態度が)よそよそしい

○ That’s not like him. それは彼らしくないですよ。

○ X owes Y one. XはYに借りが一つあります。

Apply It! (本日の重要表現)

He’s been acting distant lately.

彼は最近、よそよそしいんです!

告白の表現 
<act+形容詞>で形容詞のような態度であることを表し、、distant には「距離を置いた」というニュアンスがある。
act strange なら「様子がおかしい」という意味。

 

UR the ★(重要表現を使った応用練習)

 

☆: 祝賀会にハムレットを招待しませんか?
☆: Why don’t we invite Hamlet to the celebration?

★: やめておきます。
★: I’d rather not.

☆: ほう、なぜ?
☆: Oh, why?

★: 彼は最近、様子がおかしいんです。
★: He’s been acting strange lately.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。