荒れたスタートに Off to a Rough Start

スポンサーリンク

ジョン(J)学生時代の友人グレン(G)とサンドラ(S)を夕食に招待しましたが、二人はかなり遅れています。
やっとドアチャイムが鳴り、ジョンがドアを開き、メアリー(M)もキッチンから出てきます。

なお、赤字の文は本日の重要表現です。

Off to a Rough Start

J: Hi guys!

G: Sorry we’re late. Sandra burned the garlic bread.

S: I told him to take it out of the oven! Listening is not Glenn’s strong suit.

M: Hello! We’re glad you could make it!

S: Hi, Mary. Here’s some garlic bread from Stefano’s Deli.

M: Oh, how nice!

S: Glenn burned my garlic bread.

G: Don’t start!

J: (Awkward silence.) Well, come in and make yourselves at home!

広告

荒れたスタートに

J:やあ、どうも!

G:遅くなって悪かった。 サンドラがガーリックブレッドを焦がしてね。

S:オーブンから出してと言ったんですよ! グレンは人の言うことを聞くのがあまり得意ではないのよ。

M:どお~も! 来て頂けて嬉しいわ!

S:どうも、メアリー。 これステファノズ・デリのガーリックブレッドよ

M:あら、いいわねえ!

S:グレンが私のガーリックブレッドを焦がしたので。

G:よさないか!

J:(気まずい沈黙。)ええと、中に入って、くつろいで!

Words & Expressions

○ (be) off to a … start …のスタートに(なる)

○ Hi guys! やあ・こんにちは(みんな)![guysは男女問わず複数の相手に使う。目上には控えるほうがよい。ここでは二人なので訳出していない]

○ Sorry we’re late. 遅くなってごめん(なさい)。

○ garlic bread ガーリックブレッド[チリと合う]

○ not …’s strong suit …の得意なことではない

○ We’re glad you could make it! 来ていただけてうれしいです!

○ deli デリ、総菜店[delicatessenの略]

○ Oh, how nice! ああ、いいですねぇ!

○ Don’t start! よさないか![a fight / bickeringなどを省略した表現]

○ Come in and make yourselves at home! 中に入って、くつろいで![相手が複数の場合のフレンドリーな定型表現。Pleaseで始めるとフォーマルな響きが出る]

 

Apply It! (本日の重要表現)

Listening is not Glenn’s strong suit.

グレンは人の言うことを聞くのがあまり得意ではないんです。

婉曲表現 
Glenn is not good at listening.を遠回しにした言い方ですが、ここでは嫌みが含まれています。strong suit はカードゲーム由来のイディオムで、suit はカードのマークを指し、spades が最強です。

 

UR the ★(重要表現を使った応用

☆: お父さんはまだスペインに?
☆: Is your dad still in Spain?

★: 分かりません。
★: I don’t know.

☆: 携帯のメールで連絡くれたりしないの?
☆: Doesn’t he text you or something?

★: 彼(父)はテクノロジーがあまり得意ではないんです。
★: Technology is not his strong suit.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

// ]]>

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。